コンシュマー向けCPUで仮想通貨マイニングについて「Windows 10版」モネロ

コンシュマー向けCPUで仮想通貨マイニングについて「Windows 10版」

現代の仮想通貨採掘者がビットコインの登場以来半端ないスピードで変わっていく仮想通貨マイニングの分野を進化を目撃しています。ビットコインは特定用途向け集積回路(ASIC)やグラフィックボードでマイニングされる一方、一般利用者もマイニングできる仮想通貨も存在します。ビットコインのライバルとしても考えられるイーサリアムは過去にCPUマイニングにも対応していたが、現にイーサリアムのマイニングはGPUで行われるのがほとんどです。この間200ドルの水準を突破したモネロがコンシュマー向けCPUでも採掘可能である為、仮想通貨マイニングコミュニティの注目を集めているようです。というわけで、今回はモネロをWindows 10でどのようにマイニングしたらいいのかについてご解説したいと思います。

モネロのマイニングと最適化なスレッド数についてモネロ

モネロのマイニングと最適化なスレッド数について

仮想通貨技術の進歩とともに、採掘ソフトの開発も積極的に行われているおり、暗号化技術と情報の分野も活性化されているようです。近年、73億ドルの時価総額を誇るモネロの相場上昇がビットコインとイーサリアムをめぐる熱狂によって後押しされ、注目を集めています。現にモネロのマイニングがグラフィックボードで効率よく行うことが難しいところがあり、CPU向けの採掘ソフトの方が開発されています。CPU向けの採掘ソフトに関して言えば、高価なグラフィックボードを搭載するマイニングリグを組む必要がなくコンシューマ向けのCPUでも実行できることが最大の特徴です。今回は、Intel(R) Core(TM) i5-8265U CPUを使ってモネロをマイニングし、モネロの採掘ソフトの最適化に触れて、最適なスレッド数の選び方についてご解説したいと思います。

モネロのマイニングをノートパソコンで評価してみたモネロ

モネロのマイニングをノートパソコンで評価してみた

モネロは一番好きな仮想通貨です。なぜかと言えば、たくさんのお金をかけてマイニングリグを組む必要がなく、日常用途向けのノートパソコンでも手軽にマイニングリグ出来るからです。先日、モネロの採掘に使われているソフトを使ってみて、一番時間のかかるステップを探ることを目的にし、研究を行って参りました。モネロのマイニングの為にさまざまなソフトが存在していますが、一番人気なのはWindowsでもLinuxでも使用できるxmrigというツールだと思います。それではモネロの採掘を分析していきましょう。