eth2.0のステーキングで不労所得を得るにはイーサリアム

eth2.0のステーキングで不労所得を得るには

仮想通貨世界で取引を検証する為にマイニングが使われていたが、環境への負担が大きいことなどを理由にPoS(プルーフ・オブ・ステーク)方法がイーサリアムの仕組みにPoWの代替手段として導入されています。簡単にいうと32イーサリアムをステーキング(保有)する利用者がeth2.0ブロックチェーン上に保存される取引データの検証作業を行えるようになります。PoSの完全に導入されるとマイニング用の機材にたくさんのお金を投資する必要がなくなるわけです。そして保有量に応じてPoS作業を行う利用者に定期的に報酬が付与されます。イーサリアム2.0の保有者になるにはかなり高い技術的なハードルを乗り越えないといけないので誰でも簡単にeth2.0に投資できるわけではありません。この記事ではイーサリアム2.0におけるステーキングについて詳しく解説したいと思います。

イーサリアム電子ウォレットのインストールと開設イーサリアム

イーサリアム電子ウォレットのインストールと開設

イーサリアムをマイニングする前に電子ウォレットをインストールする必要があります。仮想通貨電子ウォレットといってもさまざまなな種類のものがありますが、安全性と便利さをご考慮し、電子ウォレットを選びましょう。一番便利なのはスマホに対応する携行できる電子ウォレットですね。この記事ではイーサリアム口座を開設する時に使うスマホアプリを紹介したいと思います。実際のスクリーンショットを埋め込みインストール手順をご案内します。仮想通貨世界の専門用語に慣れていなくても下記の分りやすい説明に従って電子ウォレットを素早くインストールできます。

2021年グラボでイーサリアムをマイニングしたいならイーサリアム

2021年グラボでイーサリアムをマイニングしたいなら

イーサリアムのマイニング収益率の高騰につれてグラボを手にして自宅のパソコンやマイニングリグを採掘用の機械に変身させる利用者も増えている。ビットコインの誕生後も同じようなことが起きたがその時はASIC機器の方が普及した。しかし、イーサリアムの場合、取引データを検証するにはGPUで大量のメモリを利用する並列化したアルゴリズムを実行する為、イーサリアムの大半はASICマイナーではなくグラフィックボードでマイニングされるのだ。その結果、2020年の後半にハイスペックGPUへの需要が爆発的に増えてきたので普通のパソコンでゲームしようとしたゲーマーたちが欲しがった機材が不足していた結果、GPUの市場で前例のない争奪戦が始まった。ここで米国の半導体メーカーNvidiaがどのような措置を講じるのか詳しく見ていこう。

PAIDネットワークトークン事件で相場暴落と急上昇イーサリアム

PAIDネットワークトークン事件で相場暴落と急上昇

人類が初めて仮想通貨に出会ったのは2008年のことだ。匿名性を保つ取引を行うことを目指したビットコインの理論がおよそ13年前にSatoshi Nakamotoと名乗る人物によって提唱された。そしてブロックチェーン技術の進歩とともにビットコインに似たような仮想通貨が900種類以上開発されてきた。イーサリアムはビットコインの誕生後に提唱された斬新な仕組みであり、仮想通貨送金だけでなくいわゆるスマートコントラクト機能も実現する用途の極めて広い暗号技術として知られている。2021年3月5日に注目を集めていたスマートコントラクトが酷い攻撃を被った。今回はこの攻撃の経緯に焦点を当ててPAIDネットワークトークン事件の真相に迫りたいと思う。

仮想通貨新規発行と自律分散型アプリケーションの開発と魅力についてイーサリアム

仮想通貨新規発行と自律分散型アプリケーションの開発と魅力について

ビットコインとイーサリアムは両方とも仮想通貨である。しかし、それぞれを支えるブロックチェーンインフラが圧倒的に違う。具体的に言えば、2008年に誕生したビットコインのブロックチェーンは取引情報を保存する為に使われるディジタル台帳に過ぎないが、これに対して、イーサリアムの基盤となるテクノロジーは用途が多岐にわたり、取引情報を書き込むことに加えてスマートコントラクト機能も実現する。この概念を簡単に理解できると思わないので今回は実際にイーサリアムブロックチェーンを使ってスマートコントラクトを実装し、スマートコントラクトをどうやって開発するのか、一体何に使うのか、といった質問に答えを共有したいと思う。

イーサリアムマイニングに関する役立つ情報と収益率イーサリアム

イーサリアムマイニングに関する役立つ情報と収益率

分散型仮想通貨ネットワークの普及が進んでおり、誰しも仮想通貨口座を開設したり、仮想通貨の採掘を行ったり、仮想通貨を振り込んだりすることが出来る仮想通貨取引を可能とする分散型仕組みが今年も注目を集めるだろう。とはいっても、ネットワークの安全強化にも重きを置くべきだし、多数の悪意あるユーザが協力的な攻撃をしかけて不正取引を行おうとする行為からネットワークを守らなければならないという課題が残っている。地理的に分散されたネットワークにおいて参加者たちが協力し合って取引情報を改竄することが難しい。したがって、ある仮想通貨ネットワークがどれほど地理的に分散されているのか興味深い。ということで、今回はイーサリアムの分析とマイニング(仮想通貨採掘)について解説したいと思う。

イーサリアムを採掘するために必要な手順イーサリアム

イーサリアムを採掘するために必要な手順

イーサリアムは世界中で圧倒的な人気を誇るビットコインの次に、2番目に大きい市上占拠率を有し、主に仮想通貨の業界では分散型プラットフォームとスマートコントラクトの実現に利用されるのが多い。なお、イーサリアムのインフラを使って従来の金融制度に頼らず、さまざまな金融商品を開発することもできる。ロシア出身のヴィタリック・ブテリンが2013年にはじめてイーサリアムのホワイトペーパーを発表し、ビットコインのマイニングにまつわる問題を解決しようとした目的でASIC(特定用途向け集積回路)マイニング機器を使って容易に採掘できない仮想通貨としてイーサリアムが誕生したのだ。今回はイーサリアムのネットワークに接続するために必要なソフトウェアをどのようにインストールすればいいのか、イーサリアムをどのようにマイニングすればいいのか、この二点に焦点を当てたいと思う。