マイニングできる仮想通貨トップ10


日付: 2021-12-30 閲覧数: 595



ビットコインの誕生以降、アルトコイン(ビットコイン以外のコイン)の数が爆発的に増加している中、数え切れないほどの仮想通貨プロジェクトから自分に一番向いているのをどんな基準で選ぶのか?今回はこの質問に答えを探りたいと思い、この記事で仮想通貨マイニングを始めたい方に検討に値する一番面白い仮想通貨プロジェクトについて述べます。


まずは、マイニングに採用した計算手法によって採掘できるコインを次のように分別します。


採掘アルゴリズム


多くの仮想通貨ネットワークはPoW法(proof-of-work)を採用しています。元来、ビットコインのネットワークで、SHA-256ハッシュ関数を繰り返して特定の条件を満たす解を求めた採掘者に仮想通貨が発行されるという計算手法でPoW法によるマイニングが実現されました。ここで、マイニング報酬が一秒間に計算したハッシュ値の数に比例します。現時点で、イーサリアムもPoW法を使っています。PoW法に当初の成功の波に乗って、計算量に比例するマイニング報酬を分配する仮想通貨ネットワークが数多く誕生してきました。ところが、PoWが電気を無駄にし、技術として古すぎると多くの仮想通貨専門家がこの手段を批評します。


ビットコインの登場以来、仮想通貨技術に精通した情報科学者たちがチームを組んで、新しいマイニング方法の設計・実現に努力しています。PoS法を称賛する専門家はたくさんいます。PoSとは、proof-of-stakeという英単語の省略であり、最近登場した多くの仮想通貨ネットワークがこの方法を採用しています。PoS法に基づいたコインをマイニングする時に最初から凍結させた仮想通貨の金額に比例する報酬が得られるというのがPoW法に比べると大きな違いです。


マイニング方法として、PoS法とPoW法以外に他の方法も存在します。2021年に稼働開始したchia networkはproof-of-spacetime法を採用していて、ここで採掘者がネットワークに割り当てたストレージ領域の大きさに比例する報酬を獲得します。


IoTネットワークの流通を目指すプロジェクトであるhelium networkとはproof-of-coverage法を使っています。Helium networkの採掘者が網羅したネットワーク領域の大きさに比例する仮想通貨をマイニング報酬としてポケットに入れる、というマイニング方法を存在します。



1。ビットコイン


ビットコインは史上初の仮想通貨であり、その相場が4万ドルほどの高水準のあたりに変動しています。ビットコインのマイニングに特定用途向け集積回路(ASIC)が開発されています。そのため、2021年にコンシューマ向けCPUかグラフィックボードを使用してビットコインを採掘すると電気代がマイニング報酬を超えてしまい、一般利用者がビットコインのマイニング市場から自然淘汰されました。



世界中、ビットコインのマイニング機を多くの集積回路製造業者が提供しています。おそらく一番知名度の高い企業は中国本拠のBitmainであり、マイニング用ASICを購入したい場合、https://shop.bitmain.com/からお好みのマイニング機を選びましょう。2021年に24時間あたりのマイニング収益の相当高い機械がおよそ100万円はしますが、たまにサイトで低価格帯のマイニング機も見つけることが出来ます。値段が低ければ低いほど在庫が早くなくなるのも事実です。あとは、中国から注文すると通関手続きが必要となってくる場合もあり、これにも備えてマイニング機を注文しましょう。


2。イーサリアム


過去6年間に擡頭してきたイーサリアムネットワークの通貨は「イーサ」と呼ばれています。イーサのマイニングに2021年にビットコインと似たようにハッシュ関数を繰り返して計算し、ethashアルゴリズムの解を求めるという方法が採用されています。ところが、イーサの採掘アルゴリズムの実装はビットコインと相違点を持ち、ethashを実行するにはDAGファイルを保存できるメモリ容量が条件であるため、イーサの採掘に最適化された集積回路の設計が困難で、イーサリアムネットワークの誕生後、6年以上経ってもイーサのコンシューマ向けGPUでのマイニングは未だにお金を生んでいます。現時点で、お小遣いほどの資金さえ持っていれば、イーサのマイニングを初めて小額ながら、黒字運営は可能です。



2021年に登場したNvidiaの3000シリーズのグラフィックボードがイーサのマイニングに一番適していると言ってもおそらく過言ではありません。LHR版のGPUの誕生以前にこのシリーズがマイナーたちの人気を集めて愛用されていました。しかし、LHRのV2(ハッシュレート制限強化版のLHR)が設けられたグラフィックボードのハッシュレートが低すぎて採掘者が収益率のもっと高い機材に目を向けるようになりました。


イーサリアムネットワークの展開について言いますと、従来のPoWネットワークがどんどんPoS法を採用した新構造のネットワークに乗っ取られて多くの専門家が2022年の6月から従来型のマイニングが終了すると見込んでいます。グラフィックボードでいつまでイーサをマイニングできるか、残念ながら正確な情報がなく、今後の展開に追いつくと前もってマイニング機のパーツ組み換えなども行えると思います。


2。レイヴンコイン


イーサと平行して、レイヴンコイン(RVN)をマイニングする採用者も沢山います。グラフィックボードでethash以外にレイヴンコインの採用に必要なkawpow法も問題なく流すことができ、相対的な収益率を考慮し、イーサをマイニングするか、レイヴンコインをマイニングするかを決めることが採掘者にとって利益最大化の一般的な手段です。これによって、イーサリアムネットワークのPoS移行後に多くの採掘者がレイヴンコインのマイニングに切り替えると見込まれています。採掘者数の爆発的な増加によるマイニング難易度の増加に伴う収益低下は避けられないが、レイヴンコインの相場が同程度の上昇を見せると皆が嬉しくマイニングし続けるだろう。



レイヴンコインをOSと関係なく簡単にマイニング出来ます。WindowsとLinux版のnbminer、lolminer、gminerと他の採掘用ソフトをダウンロードすることで導入がすぐ済みます。HiveOSもレイヴンコインのマイニングに対応しています。


4。ヘリウム・ネットワーク


多数のグラフィックボードを搭載するマイニング機の騒音にうんざりせざるを得ないと思います。そうなった時に電気を必要としないマイニング方法に切り替えた方がいいでしょう。



実は、PoWとPoS法以外に仮想通貨マイニング方法が沢山あります。例えば、ヘリウム・ネットワークと呼ばれている仮想通貨ネットワークの中で、IoT端末の接続網を構築するが目的で、参加者は電気を無駄にすることなく、単に少量の電気を消耗する端末をHeliumネットワークと繋げて網羅したネットワーク領域の広さに応じて定期的にマイニング報酬を貰えるというマイニング方法も検討に値するのではないかと思います。ヘリウムネットワークについてプロジェクトのHPで詳しく勉強できます:https://www.helium.com/


5。チア・ネットワーク


近年、CPUとGPUマイニングと共にHDDマイニングも人気を集めています。2021年の夏頃までにおそらく一番成功した、HDDマイニングを根幹技術に採用したプロジェクトはFilecoinでしたが、利用者にとって有意義な情報を分散型ネットワークの中で保存するという概念を実現しようとするとセキュリティ面の問題が沢山現れる為、Filecoinは幅広く流通したと言えません。その一方で、ビットトレント・ネットワークの生みの親としても知られているBram Cohen氏によって提案したChia NetworkはPoW法のより直感的な代替策を実現し、XCH(チア・ネットワークの仮想通貨)がビットコインとイーサのライバルになり得るほど強力なコインであると多くの専門家が考えています。



チア・ネットワークに参加する為に、ストレージ容量をXCHのファーミングに割り当てる必要があり、現時点でのファーミング収益を次のサイトで確認できます: https://chiacalculator.com/。 2021年の後半からChiaの開発チームがチアのブロックチェーンに新しい機能をずっと追加し続けていったにも関わらず、その相場が一向に上がりません。その結果、年始年末のファーミング収益は魅力的ではなくなりました。


ブロックチェーンに追加された新機能についてですが、2021年の後半にCAT(chia asset token)機能も実現されました。これはイーサリアムのブロックチェーンが提供するNFT(non fungible token)と同類のものであり、仮想通貨取引所でチアのCATが取引可能になると参加者の数が更に増加すると期待されています。


6。ソラナ


多くの仮想通貨愛好家がSolanaはイーサとビットコインのライバルになり得る潜在的な原動力を持っていると考えています。この考え方の現実性について沢山の疑問が残っているし、メインネットの立ち上げの直後に公開されたSOLの発行枚数についてのデータの不一致などが参加者の不信感を募らせたこともツイッタでよく指摘されるのです。



SOLのマイニング方法はproof-of-historyと呼ばれているものであり、イーサリアムと似たようにネットワークに凍結させた仮想通貨の金額に比例するマイニング報酬が採掘者に支払われます。


7。CORTEX


Cortexのメインネットが2019年6月26日にローンチされました。シンガポールに本拠を置くcortexは主に人工知能技術に基づく仕組みに開発に力を入れています。具体的に、分散型アプリケーションをブロックチェーンに展開し、AIの数理モデルの学習を効率よく行うのが目的です。



Cortexのネットワークに参加し、精度の高い数理モデルを公開すればするほどマイニング収益が上がるというのが当ブロックチェーンの動機づけだそうです。CortexネットワークのCTXCと省略されるコインの相場が強行突破し、2021年に微妙に上昇している印象を与えています。CTXCをグラフィックボードでマイニングでき、現時点で、Geforce RTX3090の1台で24時間で4.7ドルのマイニング報酬が手に入るという計算になります。当然、イーサほど収益率が高くないが、代替コインとして記憶に残してもいいかもしれません。



8。Raptoreum


このネットワークの目的、将来性や社会貢献などについてほとんど何も知りません。割と新しい取り組みであるため、今後の相場や人気度などを予測することが出来ません。とは言っても、raptoreumについて一つのことが確かです。これは、マイニングに採用された計算手法はASICマイニングに向いておらず、未だにコンシューマ向けCPUで採掘できるということです。



9。モネロ


Moneroは上述したraptoreumと同様にCPUマイニングに最適化された仮想通貨であり、主にAMDのRyzenシーリーズで採掘されています。CPUマイニングの収益性はGPUマイニングやHDDファーミングより遥かに劣っていますが、どうせマイニング機にCPUを入れるならモネロのマイニングに使ってもいいんじゃない?



10。トンコイン


最後になりますけど、2021年の後半からCPU、GPU、FPGAとASICマイニングにも対応しているトンコインは特筆すべきだと思います。



このプロジェクトの特徴について言えば、ロシアで擡頭してきた一番人気なSNSプラットフォーム「Telegram」の開発チームを率いていたNikolai Durov氏が技術担当者になっています。ローンチ直後は、マイニング難易度がそれほど高くなく、グラフィックボードでtoncoinをマイニングすると、イーサより高い収益率を得ている採掘者も居そうです。TONCOINは現在、OKEXで取引されていて、ここで採掘してきたコインを他のコインに両替したり、出金したりできます。Toncoinのマイニング方法についてこの動画で詳しく説明します:https://youtu.be/DGkaFNp6ZzE


上記の内容についてお聞きしたいことがあればインスタグラムでご質問をお待ちしております



コメント (0)


記事特選